目立ちにくい矯正装置の一例

舌側(裏側)矯正目立ちにくい矯正装置の一例
舌側(ぜっそく)矯正・裏側矯正とは"リンガルブラケット"という装置を歯の裏側に付けて治療を行います。リンガルブラケットは表からは見えないため、矯正をしていることをほとんど気付かれません。

<舌側矯正・裏側矯正のメリット>
・周囲の人に気付かれにくい
・普通の矯正歯科装置とほぼ同じ結果が得られる
・幅広い年齢層の方が装着可能

<舌側矯正・裏側矯正のデメリット>
・話すときに舌があたり発音がしにくい
・表側の装置に比べて費用と時間がかかる傾向がある
・難しい症例では最良の結果が出ない場合がある

インビザライン目立ちにくい矯正装置の一例
透明で取り外し可能なマウスピース型の矯正装置です。透明なので装着時もほとんど目立たず、大切な外出やお食事の際には取り外すこともできます。コンピューターを使って製作したマウスピースを、約2週間ごとに付け替えて徐々に歯列を動かします。

<インビザラインのメリット>
・取り外しができて衛生的
・食事に支障が出ない
・金属によるアレルギーの心配がない

<インビザラインのデメリット>
・矯正途中に歯科治療ができない
・費用が高い
・使用を怠ると矯正期間が長引いたり治らなかったりする場合がある

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております