よくある質問

矯正治療全般について

Q.何歳ぐらいで相談したらよいのでしょうか?
A.不正咬合に気づいたら、すぐに相談しましょう。治療開始時期は、症状により異なります。

Q.大人になってからも矯正できますか?
A.もちろん大人でも矯正はできます。最近は日本でも、大人で矯正する人が増えています。年齢に上限はありませんが、成長期にある子どもは成長・発育を利用しながら治療を進められるので、条件がより有利になります。

Q.歯を抜かなければ治療ができないのでしょうか?
A.歯と顎の大きさの不調和が著しい場合は抜歯が必要となりますが、乳歯から永久歯に代わる頃や顎の成長が旺盛な時期に治療を開始すれば、歯を抜かずに治療する可能性も高くなります。

Q.むし歯や歯周病にかかっていても矯正できますか?
A.矯正の前に歯の検査をして、むし歯や歯周病がある場合は先に必要な治療をすませてから矯正治療をします。

Q.治療中に痛みはありますか?
A.装置を初めてつけたり力を調整したりするときには、歯が浮くような感覚があります。個人差がありますが、数日でおさまります。

Q.食事や歯みがきは普通と同じでよいのでしょうか?
A.矯正装置によって多少の違いはありますが、普通の食事であれば問題はありません。装置をつけているので歯みがきには工夫がいります。磨き方の指導をしますので、早くそれを身に付けてください。

Q.矯正治療が成功するポイントはどこにありますか?
A.矯正治療は、長い治療期間を必要とします。患者さまと矯正医が協力体制と信頼関係を保ちながら、途中であきらめないよう頑張ることが必要です。

舌側矯正について

Q.どのような歯並びでも舌側矯正で治療できますか?
A.ほとんどどのような歯並びでも舌側矯正で治療できます。治療できない場合はごくまれです。

Q.舌側矯正の料金はどのくらいですか?
A.通常の、外側に装置をつける治療法より高くなります。舌側矯正での治療には特別な装置と技術が必要だからです。

Q.治療期間は?
A.治療期間は外側に装置をつける治療法と特に変わりはありません。状態によっては舌側矯正のほうが早く治ることもあります。

Q.装置の違和感はありますか?
A.最初の違和感は外側につける装置と同じです。違いは、舌側矯正装置は舌に当たり、外側につける装置は頬と唇に当たるということです。普通は装置をつけてから1週間ほどで慣れてしまいます。

Q.話しにくくなりますか?
A.ほかの矯正装置でも、最初は話しにくくなることがあります。その程度は歯並びの状態や話し方の癖などにより差がありますが、一時的なものですぐに慣れてきます。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております