歯並びが悪いと?

矯正治療の必要性悪い歯並びを放置しておくと、以下のような障害が起こる可能性があります。

●むし歯や歯肉の病気になりやすい
乱ぐい歯や八重歯のように、歯が重なり合っていたり噛み合わない歯があったりする場合、食べ物のカスがたまりやすく、また歯みがきもしにくく、むし歯や歯肉の病気になりやすいのです。

●物を噛む能率が低くなる
歯並びが悪いと物を噛む能率が低下し、胃や腸などに少なくとも好ましくない影響を与え、全身の健康状態も悪くなることが考えられます。

●正しくはっきりした発音がしづらい
ひどい出っ歯、上下の歯が噛み合わないとき、受け口などの場合、正しい発音ができず、特に電話での会話や外国語を話すときに、相手に正しい意味が通じないことがあります。

●顎の骨の成長を妨げる
正しい顎の発育に影響を及ぼし、上下の顎の関係が悪くなったり、左右対象でなくなったりします。

●心理的な影響を与える
悪い歯並びを気にするため、子ども時代から友達とのお付き合いも消極的になる傾向があります。大きくなるにつれて、自分の容貌上の劣等感は一層強くなり、社会・人間関係に悪影響を及ぼす結果となることが少なくありません。

●その他の影響
外傷をうけやすい、顎の関節や口のまわりの筋肉に影響を与え噛み合わせの病気(咬合病)になりやすい、将来入れ歯やブリッジなどを入れるとき入れにくい、などの障害が考えられます。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております