院長あいさつ

院長あいさつ

「ひまわり矯正歯科」のホームページを訪れていただき、ありがとうございます。
院長をしております、近藤裕敏と申します。

当院は、矯正治療を専門とする歯科医院として、開業以来、地域のみなさまの歯並びや噛み合わせの改善に取り組んできました。患者と医者である前に、人と人でありたい。その想いから、患者さまとはコミュニケーションを重視し、人と人とのつながりを大切にしています。

治療中はもちろん治療の前後も、ご心配な点がありましたら気軽にお声がけください。誠意を持って対処いたします。ご自身の歯並びや噛み合わせについて気になる方、心配な方は、矯正相談を無料で行っております。お気軽にご相談ください。

父の助言で目指した矯正治療専門の歯科医師

院長あいさつ祖父も父も歯医者だったので、物心ついた頃から自然と自分も将来は歯医者になるものだと思っていました。ですから、進路に関して父に何か言われたことはありませんが、矯正専門医になったのは「今の時代は歯医者とはいえ、専門性があるほうがよい」という父のアドバイスがあったからです。

確かに専門性がある治療は自分に向いていると思いましたし、矯正治療は一般歯科以上に患者さまと一緒にゴールを目指さなければなりません。患者さまと同じ思いで治療にのぞめる矯正治療に魅力を感じたのです。

歯科医師になろうと思ったときは、まさか自分が矯正治療を専門にするとは思っていませんでしたが、今では「天職」だと感じています。また、治療が終わった患者さまから感謝のお言葉をいただいたときは、本当にこの仕事を選んでよかったと思います。

矯正指導医として、質の高い治療を患者さまへ

院長あいさつ矯正専門医の道を選んだことから、父の医院を引き継ぐことなく、この「ひまわり矯正歯科」を開業しました。父の医院は現在弟が院長を務め、連携しながら矯正の患者さまの治療にあたっています。

また、矯正専門の歯科医院として開業するにあたり、患者さまに安心して通っていただけるように矯正指導医の資格も取りました。指導医になるにはさまざまな条件をクリアしなくてはいけません。そのため、おのずと知識も臨床経験も増え、どのような矯正治療にも対応できる技術力を身に付けることができました。

また、現在も昭和大学歯学部の講師として、月に一度学生たちの指導にあたっています。教える立場である以上、私自身も新たな知識を身に付けなければなりません。新しい治療法や矯正装置には積極的に目を向け、効果的なものはどんどん治療に取り入れるようにしています。

これからも地域に根ざした矯正歯科医院として

院長あいさつ開業するときに目指したのは、どなたでも通いやすい「親しみのある歯科医院」です。開業医は地域に根づき、地域のみなさまのための治療に全力で取り組むことが大切だと考えています。そのため、歯並びが少しでも気になる方が気軽にお問い合わせいただけるような、親しみのある医院にしたいと思ってきました。

地域のみなさまに、矯正治療と言えば「ひまわり矯正歯科」と思い出していただける、そんな地域に根ざした歯科医院であることがこれからも当院の目標です。そのためにも患者と医者である前に、人と人としてのつながりを大切にし、"患者さま目線"を忘れずに治療に取り組みたいと思います。

JR小山駅の目の前にある矯正専門の歯科医院です。歯並びや噛み合わせが気になる方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。ご相談だけでも大歓迎です。私たちと一緒に、理想の歯並びを目指しましょう。

院長プロフィール

院長あいさつ医療法人ひまわり矯正歯科 院長 近藤 裕敏

歯学博士
日本矯正歯科学会 指導医・認定医
育成医療・更生医療指定機関
昭和大学歯学部矯正学教室非常勤講師

【経歴】
1985年 日本歯科大学卒業
1985年 日本歯科大学大学院矯正学専攻
1989年 日本歯科大学大学院矯正学修了(学位取得)
1989年 日本歯科大学矯正学教室助手
1991年 日本矯正歯科学会認定医取得
1994年 ひまわり矯正歯科開院
1998年 昭和大学歯学部矯正科兼任講師
2000年 日本矯正歯科学会指導医取得

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております