2014年7月30日

矯正治療全般について

Q.何歳ぐらいで相談したらよいのでしょうか?
A.不正咬合に気づいたら、すぐに相談しましょう。治療開始時期は、症状により異なります。

Q.大人になってからも矯正できますか?
A.もちろん大人でも矯正はできます。最近は日本でも、大人で矯正する人が増えています。年齢に上限はありませんが、成長期にある子どもは成長・発育を利用しながら治療を進められるので、条件がより有利になります。

Q.歯を抜かなければ治療ができないのでしょうか?
A.歯と顎の大きさの不調和が著しい場合は抜歯が必要となりますが、乳歯から永久歯に代わる頃や顎の成長が旺盛な時期に治療を開始すれば、歯を抜かずに治療する可能性も高くなります。

Q.むし歯や歯周病にかかっていても矯正できますか?
A.矯正の前に歯の検査をして、むし歯や歯周病がある場合は先に必要な治療をすませてから矯正治療をします。

Q.治療中に痛みはありますか?
A.装置を初めてつけたり力を調整したりするときには、歯が浮くような感覚があります。個人差がありますが、数日でおさまります。

Q.食事や歯みがきは普通と同じでよいのでしょうか?
A.矯正装置によって多少の違いはありますが、普通の食事であれば問題はありません。装置をつけているので歯みがきには工夫がいります。磨き方の指導をしますので、早くそれを身に付けてください。

Q.矯正治療が成功するポイントはどこにありますか?
A.矯正治療は、長い治療期間を必要とします。患者さまと矯正医が協力体制と信頼関係を保ちながら、途中であきらめないよう頑張ることが必要です。

舌側矯正について

Q.どのような歯並びでも舌側矯正で治療できますか?
A.ほとんどどのような歯並びでも舌側矯正で治療できます。治療できない場合はごくまれです。

Q.舌側矯正の料金はどのくらいですか?
A.通常の、外側に装置をつける治療法より高くなります。舌側矯正での治療には特別な装置と技術が必要だからです。

Q.治療期間は?
A.治療期間は外側に装置をつける治療法と特に変わりはありません。状態によっては舌側矯正のほうが早く治ることもあります。

Q.装置の違和感はありますか?
A.最初の違和感は外側につける装置と同じです。違いは、舌側矯正装置は舌に当たり、外側につける装置は頬と唇に当たるということです。普通は装置をつけてから1週間ほどで慣れてしまいます。

Q.話しにくくなりますか?
A.ほかの矯正装置でも、最初は話しにくくなることがあります。その程度は歯並びの状態や話し方の癖などにより差がありますが、一時的なものですぐに慣れてきます。

治療の流れ

1.問診治療の流れ
当院は予約制です。まずはお電話にてご予約ください。
電話:0120-66-9994
お口の中を拝見し、現在の状況を確認させていただきます。今感じているお悩み、治療中の病気などの状態を伺います。

次へ
2.精密検査治療の流れ
歯の写真、顔の写真、歯のレントゲン写真、頭部のレントゲン写真、歯列の模型など、治療計画に必要な資料を採ります。症状により、顎関節のレントゲン写真や顎運動の検査も行います。

次へ
3.矯正診断治療の流れ
精密検査の結果をもとに、現在のお口の状態をお伝えします。続いて、実際の矯正器具などを使いながら、不正咬合と顎のずれの診断、治療計画、治療方法、治療期間、治療費用について説明をします。きちんと内容をご理解いただいた上で治療を開始します。

次へ
4.治療治療の流れ
矯正治療を開始します。ある程度の期間を要する治療ですので、わからないことや疑問がありましたら、遠慮なく質問してください。

次へ
5.アフターケア治療の流れ
治療終了後は、定期健診のご案内をハガキにてお送りします。経過を確認させていただくためにも、必ず定期健診にお越しください。

矯正装置について

固定式・取り外し式・舌側矯正(見えない治療法)など色々な装置を組み合わせて使用します。舌側矯正とは、従来歯の表側に付けている装置を裏側に付けることで見えにくく、人目が気になるなどの方へおすすめしている治療法です。
患者さまのご希望・ライフスタイルにあった装置を選択しています。

<固定式装置>
矯正装置について矯正装置について

<取り外し式>
矯正装置について矯正装置について
矯正装置について矯正装置について


<舌側矯正>
矯正装置について矯正装置について

治療例

さまざまな症状に応じて、適正な処置を行います。その中の一例をご紹介します。

<叢生(らんぐい歯)>
治療例治療例

<上顎前突(出っ歯)>
治療例治療例

<下顎前突(反対咬合・受け口)>
治療例治療例

矯正治療はなぜ必要?

最近の学校歯科健診では、今までのようにむし歯をチェックするだけではありません。歯周疾患や歯並びについても、詳しく保護者の方に知らせるようになりました。それだけ歯並びの大切さが深く認識されるようになってきたのです。歯並びが悪ければ噛み合わせも悪いので、全身の健康に大きな影響を与えます。それは肉体的なものばかりでなく、精神的にも大きな負担となります。

矯正治療の必要性

豊かな顔の表情を大切にする欧米では、健康的で整った美しい歯並びが常識となっています。一昔前の日本では、八重歯をチャームポイントとする人を多く見かけましたが、最近では、歯並びに対する日本人の考え方も、審美から健康の獲得へと変化してきています。歯並びを治す矯正歯科は、病気を治すのと同じように歯の正常な咀しゃく機能を取り戻し、健康な体と心を作るための歯科治療なのです。そして治療がすめば、健全な咀しゃく器官と共に健康美あふれる笑顔も手に入れることができます。

矯正治療はこのような場合に必要です
・歯並びが不揃いである
・歯と歯の間にすき間がある
・奥歯でしっかり噛んでも前歯が噛み合わない
・上下の顎(歯)が横にずれている
・歯がねじれている
・出っ歯や受け口
・物がよく噛めない

このような症状が見られる場合には、矯正治療を行うことをおすすめします。
気になる症状にあてはまる方は、お気軽にご相談ください。

歯並びが悪いと?

矯正治療の必要性悪い歯並びを放置しておくと、以下のような障害が起こる可能性があります。

●むし歯や歯肉の病気になりやすい
乱ぐい歯や八重歯のように、歯が重なり合っていたり噛み合わない歯があったりする場合、食べ物のカスがたまりやすく、また歯みがきもしにくく、むし歯や歯肉の病気になりやすいのです。

●物を噛む能率が低くなる
歯並びが悪いと物を噛む能率が低下し、胃や腸などに少なくとも好ましくない影響を与え、全身の健康状態も悪くなることが考えられます。

●正しくはっきりした発音がしづらい
ひどい出っ歯、上下の歯が噛み合わないとき、受け口などの場合、正しい発音ができず、特に電話での会話や外国語を話すときに、相手に正しい意味が通じないことがあります。

●顎の骨の成長を妨げる
正しい顎の発育に影響を及ぼし、上下の顎の関係が悪くなったり、左右対象でなくなったりします。

●心理的な影響を与える
悪い歯並びを気にするため、子ども時代から友達とのお付き合いも消極的になる傾向があります。大きくなるにつれて、自分の容貌上の劣等感は一層強くなり、社会・人間関係に悪影響を及ぼす結果となることが少なくありません。

●その他の影響
外傷をうけやすい、顎の関節や口のまわりの筋肉に影響を与え噛み合わせの病気(咬合病)になりやすい、将来入れ歯やブリッジなどを入れるとき入れにくい、などの障害が考えられます。

矯正治療とは

矯正治療とは矯正治療は悪い歯並びをきれいにする歯科治療ですが、むし歯を削ったり冠を被せたりする一般の歯科治療とは少し違いがあります。矯正治療の場合は、悪い位置にある1本1本の歯を顎の骨の中で少しずつ動かして、正しい位置にきれいに並べなおします。

また、顎の骨が出たりひっこんだりしている場合には、顎をよい方向に動かしたりもします。したがって、矯正治療を行った場合には、元の自分の歯が正しい位置できれいに並び、自分の歯でしっかり食べ物が噛めるようになるのです。

不正咬合・正常咬合とは

不正咬合=悪い歯並びの総称、心身に大きな影響を与えます
・食べ物が歯の間にはさまり、歯みがきがしにくく、むし歯や歯周病になりやすい
・食べ物をよく噛み砕けず、胃腸などの消化器に負担がかかる
・上下の顎の発育や顔の成長に影響を与えて、不調和をもたらす
・上顎と下顎をつなぐ顎関節に負担がかかり、顎関節症になりやすい
・咀しゃく筋の発達に影響を与え、筋力のバランスが崩れて姿勢も悪くなる
・構音機構に影響して正しい発音がしにくくなる
・視力低下の原因になると言われ、学力や運動能力の低下を招きやすい

正常咬合=よい歯並びでよい噛み合わせの総称正常咬合
正常咬合になれば、多くの問題が解決します。上下の歯が正しく噛み合って歯の接触面積が広くなり、咀しゃく効率が向上し、食べ物の消化・吸収が促進され、心身共に健康な成長発育を示します。また、健全な咀しゃく運動は脳神経の血流を促進し、老化防止にもつながります。

矯正治療とは、不正咬合を正常咬合にする歯科医療です。

2014年7月29日

院長あいさつ

院長あいさつ

「ひまわり矯正歯科」のホームページを訪れていただき、ありがとうございます。
院長をしております、近藤裕敏と申します。

当院は、矯正治療を専門とする歯科医院として、開業以来、地域のみなさまの歯並びや噛み合わせの改善に取り組んできました。患者と医者である前に、人と人でありたい。その想いから、患者さまとはコミュニケーションを重視し、人と人とのつながりを大切にしています。

治療中はもちろん治療の前後も、ご心配な点がありましたら気軽にお声がけください。誠意を持って対処いたします。ご自身の歯並びや噛み合わせについて気になる方、心配な方は、矯正相談を無料で行っております。お気軽にご相談ください。

父の助言で目指した矯正治療専門の歯科医師

院長あいさつ祖父も父も歯医者だったので、物心ついた頃から自然と自分も将来は歯医者になるものだと思っていました。ですから、進路に関して父に何か言われたことはありませんが、矯正専門医になったのは「今の時代は歯医者とはいえ、専門性があるほうがよい」という父のアドバイスがあったからです。

確かに専門性がある治療は自分に向いていると思いましたし、矯正治療は一般歯科以上に患者さまと一緒にゴールを目指さなければなりません。患者さまと同じ思いで治療にのぞめる矯正治療に魅力を感じたのです。

歯科医師になろうと思ったときは、まさか自分が矯正治療を専門にするとは思っていませんでしたが、今では「天職」だと感じています。また、治療が終わった患者さまから感謝のお言葉をいただいたときは、本当にこの仕事を選んでよかったと思います。

矯正指導医として、質の高い治療を患者さまへ

院長あいさつ矯正専門医の道を選んだことから、父の医院を引き継ぐことなく、この「ひまわり矯正歯科」を開業しました。父の医院は現在弟が院長を務め、連携しながら矯正の患者さまの治療にあたっています。

また、矯正専門の歯科医院として開業するにあたり、患者さまに安心して通っていただけるように矯正指導医の資格も取りました。指導医になるにはさまざまな条件をクリアしなくてはいけません。そのため、おのずと知識も臨床経験も増え、どのような矯正治療にも対応できる技術力を身に付けることができました。

また、現在も昭和大学歯学部の講師として、月に一度学生たちの指導にあたっています。教える立場である以上、私自身も新たな知識を身に付けなければなりません。新しい治療法や矯正装置には積極的に目を向け、効果的なものはどんどん治療に取り入れるようにしています。

これからも地域に根ざした矯正歯科医院として

院長あいさつ開業するときに目指したのは、どなたでも通いやすい「親しみのある歯科医院」です。開業医は地域に根づき、地域のみなさまのための治療に全力で取り組むことが大切だと考えています。そのため、歯並びが少しでも気になる方が気軽にお問い合わせいただけるような、親しみのある医院にしたいと思ってきました。

地域のみなさまに、矯正治療と言えば「ひまわり矯正歯科」と思い出していただける、そんな地域に根ざした歯科医院であることがこれからも当院の目標です。そのためにも患者と医者である前に、人と人としてのつながりを大切にし、"患者さま目線"を忘れずに治療に取り組みたいと思います。

JR小山駅の目の前にある矯正専門の歯科医院です。歯並びや噛み合わせが気になる方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。ご相談だけでも大歓迎です。私たちと一緒に、理想の歯並びを目指しましょう。

院長プロフィール

院長あいさつ医療法人ひまわり矯正歯科 院長 近藤 裕敏

歯学博士
日本矯正歯科学会 指導医・認定医
育成医療・更生医療指定機関
昭和大学歯学部矯正学教室非常勤講師

【経歴】
1985年 日本歯科大学卒業
1985年 日本歯科大学大学院矯正学専攻
1989年 日本歯科大学大学院矯正学修了(学位取得)
1989年 日本歯科大学矯正学教室助手
1991年 日本矯正歯科学会認定医取得
1994年 ひまわり矯正歯科開院
1998年 昭和大学歯学部矯正科兼任講師
2000年 日本矯正歯科学会指導医取得

裏側矯正やインビザラインなど各種装置をご用意しています

当院の院長は大学病院勤務時代、舌側(裏側)矯正部門のチーフを務めていました。目立ちにくい矯正治療を熟知する院長が、ご要望に沿う装置をご提案します。

目立ちにくい矯正装置

いくつになっても矯正治療は行えますが、矯正治療をしていることを周りに知られたくないという患者さまもたくさんいらっしゃいます。また「仕事柄、矯正器具が目立つのは困る」「就職活動に影響する」など、さまざまな理由から治療に踏み切れない方もいらっしゃるでしょう。

当院では、そんな事情を抱えた方でも安心して治療に取り組んでいただけるように、目立ちにくい矯正装置をご用意しています。ぜひご相談ください。

目立ちにくい矯正装置の一例

舌側(裏側)矯正目立ちにくい矯正装置の一例
舌側(ぜっそく)矯正・裏側矯正とは"リンガルブラケット"という装置を歯の裏側に付けて治療を行います。リンガルブラケットは表からは見えないため、矯正をしていることをほとんど気付かれません。

<舌側矯正・裏側矯正のメリット>
・周囲の人に気付かれにくい
・普通の矯正歯科装置とほぼ同じ結果が得られる
・幅広い年齢層の方が装着可能

<舌側矯正・裏側矯正のデメリット>
・話すときに舌があたり発音がしにくい
・表側の装置に比べて費用と時間がかかる傾向がある
・難しい症例では最良の結果が出ない場合がある

インビザライン目立ちにくい矯正装置の一例
透明で取り外し可能なマウスピース型の矯正装置です。透明なので装着時もほとんど目立たず、大切な外出やお食事の際には取り外すこともできます。コンピューターを使って製作したマウスピースを、約2週間ごとに付け替えて徐々に歯列を動かします。

<インビザラインのメリット>
・取り外しができて衛生的
・食事に支障が出ない
・金属によるアレルギーの心配がない

<インビザラインのデメリット>
・矯正途中に歯科治療ができない
・費用が高い
・使用を怠ると矯正期間が長引いたり治らなかったりする場合がある

無料相談も実施中、患者さま目線を大切にしています

地域に根ざした親しみやすい歯科医院です。無料相談も実施していますので、まずはお気軽にご相談ください。

親しみやすい歯科医院

いくら高度なテクニックや豊富な経験を持っていても、リラックスして治療を受けられる雰囲気がなければ患者さまに安心して通っていただけません。当院は矯正専門の歯科医院ですが、"専門"だからといって一般の歯科医院と違いがあるわけではありません。あくまでも、どなたでも親しみやすい「町の歯医者さん」として開業以来治療に取り組んできました。

当院はJR小山駅前という通いやすい立地であるだけでなく、無料相談をとおして誰でも気軽に相談できる場を提供しています。歯並びや矯正治療について疑問や質問がある方は、ぜひご来院ください。

無料相談実施中

無料相談実施中歯科医師にとって大切なことは、患者さまの話にじっくり耳を傾けること。それは、矯正治療においても変わりません。当院では無料相談を行い、患者さまのみならず、歯並びに関して不安や疑問を持っている方のお声に耳を傾けています。

もちろん、お話を伺うだけでなく、治療方法や治療期間など矯正治療に関する情報もわかりやすくご説明します。できるだけ端的に、わかりやすい説明を心がけているため、カウンセリング時間は30分ほどです。少しのお時間をいただければ、歯並びに関する疑問、治療に関する不安を解消いたします。

患者さま目線を大切にしています

親しみやすい歯科医院当院の院長が大切にしていることは、患者さまと同じ目線であること。ですから、治療の説明もできるだけわかりやすい言葉を選び、カウンセリングも要点を押さえながら短い時間で終えるようにしています。

また、治療期間中にわからないことがあったり不安を感じたりしたときは、遠慮なく院長に直接おたずねください。医院によっては、質問はすべてスタッフが受け付けているところもありますが、当院にはそんな決まりはありません。いつでもお気軽にご相談ください。

矯正指導医が手がける質の高い矯正治療

6,000症例以上の実績を重ねた日本矯正歯科学会指導医が、患者さまの個性に合わせた質の高い治療を行います。

質の高い矯正治療

人間はそれぞれ顔の形や骨格が違います。そのため、いつ頃どのように矯正したらよいのかも、人によって違います。つまり、矯正治療には決まりきったセオリーはないのです。そのため、矯正を専門にしていない一般の歯科医院では、治療がうまくいかないこともあります。

当院の院長は、日本矯正歯科学会指導医です。また、これまで6,000症例以上の実績を重ねてきました。矯正についての深い知識と豊富な経験から、顎関節やお顔、引いては体全体のバランスまで考えた質の高い矯正治療を行っています。

矯正指導医とは質の高い矯正治療
矯正指導医とは、日本矯正歯科学会の公認資格である「認定医」「指導医」「専門医」の中の1つの資格です。日本矯正歯科学会指導医になるには、以下の条件を満たす必要があります。

●13年以上日本矯正歯科学会会員であること
●日本矯正歯科学会認定医を取得してから、大学の矯正歯科において教育指導歴が3年以上あること
●学会の定める試験に合格すること

当院の院長は現在も月に一度、昭和大学歯学部の講師として教鞭をふるい、指導者としての実績を重ねながら後進の育成にあたっています。

矯正専門だからこそできること

質の高い矯正治療矯正治療はほかの歯科治療と違い、将来を見据えながら治療を行わなければなりません。つまり、歯科医師には治療後の歯並びを正確に予測しながら治療を進める力が求められるのです。これは長年の経験によって培われるものであり、一般の歯科医師ではなかなか身につけられるものではありません。

また、いくら的確に診査・診断し、治療計画に基づいて矯正治療を始めたからといって、歯は教科書どおりに動いてくれるとは限りません。患者さまの個性によって、歯の動き方、動く速度は変わります。あらゆる事態を想定しなから適切に対処するテクニックを有することも、矯正を専門とする歯科医師の強みだと言えるでしょう。

豊富な経験に基づく、的確な診査・診断

症状を正しく見極め「短期間」「歯を抜かない」「痛みが少ない」など、ご希望に沿う最適な治療計画を作成します。

的確な診査・診断

矯正治療には「時間がかかる」「ワイヤーをつけると痛い」といったイメージをお持ちの方も多いと思います。確かに歯が動くスピードには限界があるため、ある程度の時間はかかります。また、ワイヤーをつけたばかりの頃は違和感があったり痛みを伴ったりすることもあるでしょう。

しかし、治療期間や痛みの有無は、治療する歯科医師の経験やテクニックによってまったく違うということをご存知でしょうか。患者さまのお口の中は、一人ひとり違います。そのため同じような症例でも、同じ方法で同じ期間治療をする必要があるとは限らないのです。

中でも矯正治療で大切なのは、患者さまに合った最適な治療を見極める「診査・診断力」です。いくら高度な技術力を有していても、はじめの診査・診断の段階で間違ってしまっては、理想の歯並びを実現することはできません。

当院の院長は日本矯正歯科学会指導医であり、これまで6,000症例以上の実績を重ねてきました。だからこそ一人ひとりの症状を正しく見極め、最適な治療を行うことができます。

子どもの矯正治療も"見極め"が大切

的確な診査・診断お子さまの場合、できるだけ早い時期から矯正治療を始めるのがベストです。ただし、一人ひとり開始するのに適した時期があります。早ければ早いほどよいというものではありません。顎の骨格や成長発育を見ながら、治療を始めるのに最適な時期を見極めることが大切です。

また、噛み合わせが悪いまま放っておくと、将来顎の骨格がずれて歯並びが悪くなる可能性があります。顎の骨格や噛み合わせを小さい時期から治すことで、最小限の負担で歯並びをキレイにすることができます。

噛み合わせも骨格のずれも、しっかりと診査・診断できるテクニックがなければ見過ごしてしまうことがあります。お子さまの歯並びが気になるときは、できるだけ早めに受診することをおすすめします。当院ではきちんと診査・診断し、お子さまに合った治療方法、治療時期を考えます。

矯正専門医院と小児歯科医院の違い

的確な診査・診断子どもの歯並びが気になった場合、小児歯科を受診される方がたくさんいらっしゃいます。確かに小児歯科の先生はお子さまの扱いに慣れていますし、むし歯などの治療も平行して行えるというメリットがあるでしょう。

しかし矯正治療の場合は、子どもの時期だけで終わることはほとんどありません。中学生、高校生、大学生、そして社会人と、その方のお口の中の状態を長期間にわたってケアする必要があるのです。

子どもの間の矯正治療はあくまでも基礎工事です。大人になってもしっかりした噛み合わせ、美しい歯並びを維持するためにも、将来を見据えて治療が行える矯正専門医院の受診をおすすめします。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております