父の助言で目指した矯正治療専門の歯科医師

院長あいさつ祖父も父も歯医者だったので、物心ついた頃から自然と自分も将来は歯医者になるものだと思っていました。ですから、進路に関して父に何か言われたことはありませんが、矯正専門医になったのは「今の時代は歯医者とはいえ、専門性があるほうがよい」という父のアドバイスがあったからです。

確かに専門性がある治療は自分に向いていると思いましたし、矯正治療は一般歯科以上に患者さまと一緒にゴールを目指さなければなりません。患者さまと同じ思いで治療にのぞめる矯正治療に魅力を感じたのです。

歯科医師になろうと思ったときは、まさか自分が矯正治療を専門にするとは思っていませんでしたが、今では「天職」だと感じています。また、治療が終わった患者さまから感謝のお言葉をいただいたときは、本当にこの仕事を選んでよかったと思います。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております