矯正指導医として、心を込めた治療を患者さまへ

院長あいさつ矯正治療を専門に行う歯科医師の道を選んだことから、父の医院を引き継ぐことなく、この「ひまわり矯正歯科」を開業しました。父の医院は現在弟が院長を務め、連携しながら矯正の患者さまの治療にあたっています。

また、矯正治療を専門に行う歯科医院として開業するにあたり、患者さまに安心して通っていただけるように日本矯正歯科学会(認定)指導医の資格も取りました。指導医になるにはさまざまな条件をクリアしなくてはいけません。そのため、おのずと知識も臨床経験も増え、どのような矯正治療にも対応できる技術力を身に付けることができました。

また、現在も昭和大学歯学部の講師として、月に一度学生たちの指導にあたっています。教える立場である以上、私自身も新たな知識を身に付けなければなりません。新しい治療法や矯正装置には積極的に目を向け、効果的なものはどんどん治療に取り入れるようにしています。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております